私の好きな小さい猫についての感想、小さい猫の値段や性格などについてのブログ。

今回は猫についての自由記事ということで、猫について記事を書いてみようと思います。
私は猫を飼ったことはないのですが、以前猫を可愛いと思ったことがあります。どんな猫だったかと言うと、すごく小さな猫でした。凄く小さくて手のひらに乗る程度の猫でした。
一体どういう猫なのかなと思ったので調べることにしました。小さい猫で検索をすると、何匹か出てきました、珍しい猫種で、相当高い猫、スキフトイボブテイル、500万円程度や、シンガプーラという、神経質な猫等色々いました。
問題は私が以前見たことのある猫では無かったと言う事です。私が以前見た猫は手のひらに乗る程度の小さい猫でした。おそらく、子供の猫だったのだと思います。
ずっと子供の猫のままだと相当可愛いのになと思いました。次に子猫を検索して見ると、私が以前可愛いと思っていた小さい猫がいました。
やはり子供の猫だったようです。
可愛い子猫ちゃんという言葉はこんなところからくるのかなとか、思いました。子猫は可愛いと言うのは、私だけでなく、誰でも思うのかなぁと、子猫と、可愛い子猫ちゃんという言葉を考えながら、私は1人でそう思っていました。また、今回、猫についての記事を書いている中で猫について少し詳しくなり、ミックスなど、色々な猫がいると知り、猫も奥が深く興味深いと思いました。