皇室のお車のナンバープレートはどうなっているのか

皇室専用車両のナンバープレートは丸い。
天皇陛下及び皇族が乗車する車両を5両車といます。
2020年現在ではトヨタのセンチュリーロイヤルが御料車に採用されています。
この後両者通常のナンバープレートの位置には菊の御紋がありナンバープレートはヘッドライト脇に付いていてその形状は丸です漢字で皇室のこうの耳鼻科講義などこうの後に数字が書かれているそうです。
皇室専用車といえどもナンバープレートなしには公道を走ることはできません。
もちろん一般車と同じように車検もありますちなみに気になる車のお値段はトヨタが通常販売しているセンチュリーで1960まんえんセンチュリーロイヤルは通常仕様で520050万円防弾仕様で940050万円だそうです 。
また、サラフェプラス 評判という顔汗専用の制汗剤は口コミだけでかなり売れていて、芸能人は元は薬であった。
元々神はオランダ生まれライデン大学医学部のフランシス区シルビウス教授によって1660年に製造されたとされています。
当初はマラリアやチフスといった熱量の治療薬として期待されていました。
神の製造に用いられるネズの実は利尿薬解熱作用があると知られておりこれを用いることで利尿解熱薬として薬局で売り出されたそうです。
ところがその爽やかな香りから薬としてではなく酒としてオランダ国内で流行フランス語でネズの実を意味するジュニエーブルの名で広く親しまれました。
その過程で何故かスイスのジュネーブと混合されジェネバさらにイギリスに渡ったときこれが短縮されて神と呼ばれるようになったといいます。
イギリスに渡った神は本国以上に爆発的な人気を得ます。
その頃のイギリスでは質の悪い酒が多かったことに加えオランダから迎えられた当時の国をウィリアム3世が人を優遇し関税を安くしました。
この他原料の穀類が豊作続きで安かったこともありまたたく間に安くて強い酒として労働者階級に広まったのだそうです。