懐かしい思い出の、若さが特権という10代の頃からなんとかしたくなり出した毛穴・・

思い出の若い時から毛穴を嫌になっていて、20代になってからようやくフェイス美容の専門の方へと頼りました。治療はまず肌がどうかを知るために小型のレントゲンをとる時の機械に似たマシンを用いました。測ったら私の肌の奥の方の状態がはっきりわかり、なんと!洗顔にシャワーを使っている事実もバレたのです。こんなことまでわかるなんて!驚嘆で飛び上がってしまいました。大切な肌診断の結果は水分、油分の両方が足りないドライスキンでした。。
お通じが悪いと腹部不快感、食欲不振、疲労、吐き気といった症状を引き起こし日々の生活の妨げとなり、また悪い場合、大腸がんなどの病気を引き起こしてしまう状況さえもあるんです。それは事実です。加えて、健康面のみならず、肌が荒れる原因にもなり、美容の点から見ても良くありません。ストレッチ、腹筋とかで内蔵を刺激することで大腸の運動をスムーズにしたり、整腸剤、あるいは便秘薬といったものを使うなど便秘を改善する方法にはいろいろありますが、まず先に食べ物を良くすることから始めてみましょう。排便を促してくれる食べ物というのは一言で言えば食物繊維が豊富な食べ物になるのですが、けっこうひどい便秘に苦しんでいた自分の知り合いの場合、三度のご飯を玄米食に変えたそうなんですが、玄米を食べ始めるようになって、腸内の環境が良くなり頑固な便秘もきれいに治り自分でも驚くほどお通じがよくなったそうです。
髪の毛は自分で切るという人にマスターしておきたいのがツイストという手技です。ツイストは英語の言葉で日本語でいうとねじるが意味で、何故ねじるかというと髪の毛を40本から50本程度つまんだらそれをツイスト(ねじる)させます。それをキュッとねじった部分をハサミでカットすることであら不思議、バランスの良い髪の毛に切ることができます。一気に大部分をカットしてしまうとひどく見栄えが悪くなかったりバランスに欠けた髪型になるものですが、このツイストという手法なら一気に切らないので、そんな心配もなく全体的なバランスの良いカットができます。
毛穴の奥にまで入り込んだ角栓は、なんとか取り除いたとしても一昼夜経過した後にはなんとしっかり新たな角栓が詰まっています。知っておきたいのは、もっともオススメではないのは角栓を取るパックを使用することです。というのはパックをすると確かに角栓は取れますが、残念ながら角栓が取れると同時にその周辺の残しておきたい健康な組織までを傷めるのも当然のことです。すると、以前よりさらに詰まりやすくなるので、良い方法は顔を洗うとともに保湿をすることが毛穴レスへのおススメの方法です。
足の見た目が良い人は、妙なことに同性でも何気なく目がついていってしまうような訴えかける力があるものですよね。私もですが最近素晴らし脚を夢見て、足の膨らみをなおしていっています。ことのほかしっかりとやわらげた方がいい箇所は、くるぶしのへこみ部分と膝裏の部分です。この付近がリンパの運動が停滞しやすい場所になっています。手を抜かずやわらげて、歩み軽妙な清らかな脚を目標にしましょう。