債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理はメリットがそれぞれに違います

しばしば誤解されるのですが、弁護士に限らず、債務整理は認定司法書士なら取扱い可能です。
とはいうものの、原則140万円以下の債務に限るという制限があるため、もし交渉を始めようという時に金額の総計が遅延損害金を入れて140万円を超えていたら、認定司法書士では減額交渉ができなくなってしまうのです。
そんな事態に陥らないよう、手続きを司法書士に委任するときは債務額の把握というのが不可欠です。
債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理はメリットがそれぞれに違っています。
第一に自己破産はあらゆる借金から逃れてゼロからスタートを切れます。
第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は引き続き保有できます。
そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、それだけでなくその取引利率や借金の期間によっては過払い金の返還請求が可能です。
債務整理をすることでマイカーローンを組めなくなるんじゃないかと不安に思う人も多いですが、実際にはそのような事実はありません。
それなりの時間、組めない期間がありますが、その期間が経過するときちんとローンを組めるはずですから、不安に思うことは何もありません。
任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。
それにより今後しばらく借金は出来ません。
いわゆるブラックリストです。
それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。
それから、クレジットカードを新しく作成することもあきらめなければいけないでしょう。
しかし既に契約済みの借り入れは、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いがなくなることはありません。
当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。
例えば、この事実が信用情報機関に残されます。
これはブラックの状態なので、長期間、審査が必要な金融機関のサービスを受けることが難しくなることを覚悟してください。
なお、債務整理を行った場合、ブラック状態が解消されるまでに5年と言われています。
どうにか借金を整理したいのに利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務整理の中でも任意整理によることでひょっとすると残せるかもしれません。
任意整理では整理する債権者を好きに選ぶことができるため、残したいカード会社を除いた債権者とだけ任意整理を行えばカードを失わずに済みます。
ですが、任意整理を行えば事故記録が信用情報に加わりますので、カードの更新にあたってはそれが元で停止となることが見込まれます。
誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、月々の返済が苦しくなると思います。
仮に一括でお金が引き落とせなくなったら、リボ払いに変更するしかありません。
ですが、これでも払えないということも少なくありません。
常に返済のことを考えなければならなくなると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、増えすぎた借金を債務整理で解消し、返済を楽にしましょう。
以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、個人再生、過払い金返還、任意整理などを行った実績があっても、医療保険、生命保険といった保険の加入は特に支障ありません。
医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、個人の信用情報を利用することはありませんから、過去に債務整理した事実が分かることはないでしょう。
それに、生命保険の加入は保険料の支払いさえあれば可能なので、債務整理の有無に左右されません。