不倫発覚前の夫婦関係が良好であった場合

慰謝料の金額は,浮気による別居や離婚のみならず,婚姻期間の長短や不倫の内容,子ども有無や経済的な事情などで変わってきます。ここで慰謝料の金額を左右する主な項目についてご紹介いたしますね。

なお、慰謝料として100万円が相当であるとする場合、不倫行為をした配偶者と、不倫相手と、両方に対して100万円(計200万円)を請求できるわけではありません。不倫行為をした配偶者と、その不倫相手は、共同して他方配偶者の権利を侵害しているわけですから、1個の不法行為と評価され、慰謝料は総額で100万円となります。

実際,浮気相手に慰謝料を請求する場合には,これまでの事情を主張・立証できるかどうかが金額の増減に大きく関わってきます。単純に,浮気が原因で「非常に辛かった」と主張するだけでは説得力に乏しく,証拠が必要となります。浮気相手 慰謝料 相場

不倫をした配偶者とその不倫相手に慰謝料を請求できるのは、夫婦の婚姻関係が破綻する前に不倫をした場合に限られるとされています。このため、不倫の事案では、「婚姻関係破綻後の不倫だった」という反論がなされるケースがあります。

一般的に言えば、冒頭にも説明した通り不倫による慰謝料の相場は「50万円〜300万円程度」です。しかし実際には婚姻期間等の夫婦関係や不倫の内容などの個別の事情により、かなり金額が変わってきます。

しかしながら50万円〜300万円程度が相場と言われている不倫慰謝料ですが、場合により相場以上に増額されるケースもあります。