チョコレートは発酵食品だったと言う事実

チョコレートは発酵食品であることをご存知でしょうか?チョコレートと言えば、カカオから作られているだけで発酵食品と夢じゃありませんよね。
身近なお菓子、チョコレート。カカオ豆から作られることはご存知の通りです。発酵食品を作るための工程をチョコレートの例を通じて見ていきましょう。
カカオ豆の生成について紹介していきますね。チョコレートの原料となるカカオ豆とは、カカオの木になる果実の中にある種子です。この種子はカカオポッドと呼ばれる硬い殻におおわれています。その大きさはおよそラグビーボール程度と言われています。ラグビーボール程度ですので1人では到底食べ切れない量なのです。原料となるカカオ豆の生成は、カカオポッドからカカオ豆を取り出すだけでは終わりません。この間はカカオ豆を発酵させたりローストさせたりすることによってチョコレートの美味しい香りがついていくのです。
チョコレートは発酵食品ですので、あなたの腸内環境良くしてくれます。チョコレートが最近腸の健康のために使われていることをご存知でしょうか?チョコレートを沢山食べ過ぎてしまっては、あなたの腸に大ダメージを与えてしまいます。ですので、できるだけ取るようにしましょう。